どうもサイです。

どうもサイです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国が「グローバルIT企業」に対して課税する方針を打ち出す

どうもサイ(@sai__blog)です。

 twitter.com 

韓国は 「多くの国々でビジネスを展開しているグローバル企業が、法律の仕組みを利用して法人税の納税を逃れている」と指摘し不平等を理由に「GoogleAppleAmazonといった巨大な多国籍企業に対して課税する」という方針を打ち出しました。

 

最近では、欧州もそういう同様の方向で動いています。

また、日本でも、外資系企業が日本で事業を展開しているのにも関わらず、利益を最小限に抑え事業投資を行い、法人税を逃れるケースが指摘されています。

 

ちなみにビジネスモデルが似ているAmazon楽天を比較すると、Amazonの日本の法人税楽天に対し30分の1と言う報道をされました。

 

こういったグローバル企業の問題に対し、中国では厳しい対応をとって成功している事例があります。

 

例えば、中国拠点で事業を行う時、中国はそのサービスの仕組みを細かく報告させています。

 

なので、海外の製品を真似て作れるほか、マニュアル作りも容易で行えます。

グローバル企業にとって厳しい対応ですが、人件費など賃金を考えるとメリットも多いようです。

 

同じアジアの韓国もグローバル企業に対して厳しい対応を取ろうとしています。

その中で、日本も追随できたらいいなと思いました。

Copyright ©どうもサイです。All rights reserved.